フランクミュラーの評価(購入・買取・レビュー)

正式に「フランクミュラー」が設立されたのは1992年。独特のビザン数字、そして曲線だけで構成されたケース形状の「トノーカーベックス」。これらは氏が元々アンティークウォッチや希少なクラシックウォッチの修理や製作に親しんでいた影響です。ラグジュアリーなモデルがラインナップされていますが、SS製のカサブランカ等、近年には一般層にも手が届く価格帯の商品もリリースしています。

フランクミュラーというブランドの過去と未来

まず、「フランクミュラー」というのは人名です。フランク・ミュラー氏は天才時計師ブレゲの再来とまで呼ばれるほどの腕前を持った超一流の時計師で、氏が自身の名を冠して起ち上げたのがこのブランドです。 フランクミュラー氏は1958年にスイスのラ・ショード・フォンで産まれます。時計製作の中心地と言えるこの地に生を受けた氏は幼い頃から機械式時計の仕組みに心を奪われ、時計製作の道を歩みます。
既に天才時計師としての片鱗を覗かせていた氏はジュネーブ時計学校の通常3年かかる履修項目を1年で全て習得し、数々の賞を受賞。 卒業と同時に著名なコレクターやミュージアムから、希少な時計の修理依頼が殺到します。
1983年には従来ポケットウォッチにしか搭載されていなかった、トゥールビヨンをはじめとする超複雑機構を搭載した世界初の腕時計を30本以上を世に送り出します。以来数多くの新案特許も発表し続けています。