パネライの評価(購入・買取・レビュー)

パネライとイタリアの関係は実に面白い。 オフィチーネ パネライは東京・銀座に続き国内2番目となるOFFICINE PANERAI 名古屋ブティックを2010年12月12日に開店しました。

パネライというブランドの過去と未来

過去に制作されたパネライの時計はイタリアの軍事機密としてほとんど外部に公開されることはなかった。 なぜか、それは「ラジオミール」という放射線に関連する材料にある。
1860年にジョバンニ・パネライがフィレンツェのアッレ・グラツィエ橋付近で創業者したパネライ。精密機器の製造メーカーとしてスタートし、やがて時計や光学機器の分野で多くの特許を取得する。
時計の販売や修理以外にも時計関連アクセサリー、精密工具を供給ていた。そしてパネライは軍用として特別設計された精密機器を海軍に納入するようになりました。1910年、計器や装置の文字盤を発光させるためにラジウムベースの粉末、「ラジオミール」を開発。ラジオミールという名称は1916年3月23日にフランスでの特許出願の際、補足文書に記載されている。ラジオミールは、その高い視認性と水中における優れた接着性から当時圧倒的な蛍光性を誇り、採用した照準器やコンパスはイタリア海軍の大きな力となった。
これらの経緯からその後のルミノールの開発を経て1990年代に至るまでオフィチーネパネライの製品は軍事機密の指定を受けたのだった。公開後の人気ぶりは皆さんも知っての通りです。

パネライルミノール [PANERAI LUMINOR] - パネライのルミノールはすべてのルミノールモデルの基盤となるような腕時計モデルです。
このモデルをベースにルミノールベースやルミノールロゴなど、数々のパネライの人気モデルが誕生しました。