パネライパネライルミノールの評価(購入・買取・レビュー)

そもそもがイタリア海軍ウォッチということもあり、独特なデザイン性と大き目の時計ケースが人気の腕時計ブランドです。
その中でも際立って高い人気を博しているのは、そのシンプルなデザイン性と場面を選ばない使用範囲の広さからかもしれません。 余談ですが、ロレックスやブレゲのような伝統的な時計ブランドが時計ケースを徐々に大きくしていった、ビックケースブームはこのパネライブランドが要因だったとも言われています。 パネライと実は縁があるのが阿部サダヲさん。
私が彼をみたのは、大人計画の舞台が初めてでした。

すごく暴力的に狂った役をやっており、身長はそんなに大きくはないのですが、大きく威圧的に見えました。怖かったです。
準主役で、主役の方の冒頓とした演技とは対照的なオーラをはなってました。
それでファンになり、「大人計画」のみならず、客演される舞台には必ず足を運びました。
すごく記憶に残っているのは「ふくすけ」で演じたフクスケ役でしょうか。 とにかく恐ろしかったです。

舞台では狂気を感じる役が多いように感じますが、すべて演じ分けられていらっしゃいます。 暴力的に理不尽に切れる狂気。
人のよさそうな、おどおどした中の心の闇。明るい狂気。
それぞれにインパクトのある役を演じておられます。

近年は映画やテレビでもご活躍されてます。 テレビでは特に「タイガー&ドラゴン」のおちゃらけたどん太役や「マルモのおきて」の譲役のお人よしなど、幅広い演技をされております。
けれど、やはり阿部サダヲさんの魅力は「狂気」にあると思います。 映画の「舞妓Haaaan」などの明るい狂気や、ドラマの「医龍」シリーズの驚異的な腕と心の闇のバランスが危うい役など、どこか危ない人物をやらせるとぬきんでていると思います。
同世代で、舞台出身の役者さんでご活躍の方々はたくさんいて、堺雅人さんや、佐々木蔵之介さんなど、味のある演技をされてる方が多いです。
その中で、やはり危ない役が一番似合うのは阿部サダヲさんだと思います。

また、バンド「グループ魂」のボーカル破壊としてもご活躍されており、文字通り破壊的なステージングでオーディエンスをわかせてくれます。 そんな、俳優としてだけでない活躍も、阿部サダヲの魅力ではないでしょうか。 パネリストとして、パネライを5本近くも所有していると言われる阿部サダヲさん、(本当の所有数は誰もしらないようですが) その骨太の役者魂とパネライのごっつさが通じるものがあります。


パネライルミノール [PANERAI LUMINOR] - パネライのルミノールはすべてのルミノールモデルの基盤となるような腕時計モデルです。
このモデルをベースにルミノールベースやルミノールロゴなど、数々のパネライの人気モデルが誕生しました。